薄毛遺伝

AGAクリニックのススメ – 薄毛は遺伝だからこそ病院に行け!

オヤジが禿げてるから、俺も禿げるな。

といった話はよく聞きますよね。時々、”オヤジ”の部分が、”おじいさん”になったり、”おじさん”になったりすることもありますが、薄毛=遺伝だとへこみますよね。

だって、自分の遺伝子に組み込まれているとしたら、本人にはどうしようもないではないですか?

身長が低いとか、速く走れないとかと一緒で、自分の努力でいかんともしがたい状況に立たされると人間は絶望するしかないと思います。

でも、これって本当なのでしょうか?

 

答えは、「半分本当」。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンと遺伝的な性質にあります。実際、調べてみると母方の祖父の遺伝子を受け継ぐという研究結果が出ています。

しかし、男性ホルモンが多いからと言って全員が全員禿げるわけではありません。実際、父親や母親の家系に薄毛の人がいるからと言って100%禿げるわけではありませんよね?

それでは、遺伝的に薄毛になる可能性が現実になってしまうのはどのような原理なのでしょうか?

実は、まだそこは分かっていませんが、現在、有力なのは「脱毛プログラム説」です。これは、誰もが薄毛になる体質にある、つまりプログラムされているけれども、発症するか否かは別の要因がスイッチを入れる、とする考え方です。がんも同様な考え方をするそうで、その応用ですね。

現在そのスイッチを入れる要因として、年齢や生活習慣などが挙げられています。

 

年齢はしょうがないとしても、生活習慣がトリガーなら、生活改善したら治る?

治りません。AGAは一旦発症してしまったら、元に戻ることなく、着実に進行し続ける症状だからです。

全員が全員禿げるわけではないとは言え、薄毛が遺伝と言われると、「予防できない」、「治せない」と絶望的な気持ちになってしまいます。

でも、この考え方は間違いだそうです。現代医療では遺伝的な薄毛、つまりAGAは抑えられます。

「治せます」。

ただ、これは遺伝子を操作して、薄毛を直すわけではなく、遺伝的な影響で起こる薄毛に至る生体反応のひとつを邪魔することで、薄毛に至る道を遮断することによって、です。

AGA治療の根幹をなすAGA治療薬、フィナステリドの働きがまさにこれです。

フィナステリドの効果は9割以上ですが、その効果の高さは根本的にAGAのメカニズムを抑え込むことにあるんですね。

 

参考までにAGAクリニックでの治療に興味のある方はこちらのサイトを紹介します。AGA治療の内容を教えてくれたり、AGAクリニック選びでおすすめ病院が紹介されていたりして役に立ちました。

特にこのサイトが良かったのが、ダメなAGAクリニックの特徴を教えてくれるところ。このサイトの管理人は20か所以上のAGAクリニックに行っているとかで、その体験に基づいて、良い話だけではなく悪い話も教えてくれます。

薄毛治療の病院、AGAクリニックを紹介するサイト