育毛剤の選び方

薄毛に悩む人が誰しも最初に手を伸ばすのが育毛剤ではないでしょうか?各メーカー、発毛剤と言ったり、昔は養毛剤なんて呼び名もありましたが、何が違うのかはよく分かりません。

法律上は、育毛剤はその薬効により3種類に分かれます。「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」です。

ここで言う「医薬品」は医師の処方箋が必要な、比較的作用の強いものではなく、「一般用医薬品」と呼ばれるものです。

そして、ややこしいのがこの「一般用医薬品」も、その作用の強さにより3種類に分かれることです。

「医薬品」以外は、その効果が臨床試験を通じて証明されていません。なので、せいぜい、頭皮の血行を良くしたり、皮脂を抑えたり、頭皮を清潔にすることで雑菌の繁殖を抑える、といった間接的な作用しか持っていないので、医薬品のようにAGAの進行を抑える作用を持つことはありません。

とは言え、医薬品ではない育毛剤の効果がゼロかというとそうでもありません。薄毛のタイプによっては市販の育毛剤でも効果が発揮されることがあります。それにどのような化粧品でも、プラセボ効果というものがありますので、効果が発揮される可能性はあるわけです。

こうしたもしかしたら効果があまり強くない育毛剤のポテンシャルを十分に引き出す方法はあるのでしょうか?一番重要なのは頭皮を清潔に保つことです。

育毛剤は毛穴から浸透して毛根に到達して初めてその効果を発揮します。そのためには、毛穴からの浸透を阻害する要因である、頭皮、毛穴の汚れを取っておくことが、まず重要です。

さらに、取り込んだ育毛剤が十分に循環するように頭皮の血行を高めてあげることも必要ですね。具体的にはマッサージも決して役に立たないことではありません。一時的とはいえ血流を改善してくれるので、育毛剤を塗布する前後に行う事でその効果を高めることも期待できます。

とは言え、ゴシゴシと頭皮を力任せにこすっても頭皮を痛めるだけ。爪を立てずに指の腹でソフトにもんだり、軽くたたいたりする程度で十分だと思います。

どんな育毛剤を選ぶべきか?

効果がそれほど高くないかもしれないけれども育毛剤の手軽さは魅力です。やはりAGA治療で病院に行くのは気が引けます。

そこで、どのような育毛剤を選んだらいいのでしょうか?

今一番効果があると言われているのが大正製薬のリアップです。実際のAGA病院でのAGA治療にも使われているミノキシジルという成分の含まれた効果の証明された唯一の育毛剤。まずこれを選んでおいて間違いはないはずです。

リアップよりは効果が落ちますが、その他に、第一三共製薬のカロヤンや、資生堂のアデノシン、ライオンのイノベートなど様々なある程度効果の実証された育毛剤があります。

日本皮膚科学会の定めた男性型脱毛症診療ガイドラインによれば、今挙げた育毛剤ならば、使っても良いとしていて、実際の医療現場でも、カロヤンの成分である塩化カルプロニウムを使っている病院もあります。